まず美容専門学校とはどんな学校かを説明します

ヘアメイク、メイク、ネイル、ファッション……容姿を美しく整えることは昔から多くの女性にとって関心の的でした。美しくありたい、きれいでいたいというのは、一般的に女性の普遍的な願いであると言えるのではないでしょうか。また程度の差や方向の違いこそあれ、多くの男性もまた、みだしなみを整えることにはそれなりに努力をはらっているでしょう。そんな美容全般に関して学びたい、将来は美容に関わる仕事をしたいと考える人にとって、進学先の選択肢として最良なのは美容専門学校です。美容専門学校では美容師として必要な知識や技術の他、ヘアメイクやメイキャップ、ネイル、着付けなど幅広く美にまつわる分野について学ぶことができます。卒業後は美容師の他、ヘアメイクアーティスト、ネイリスト、エステティシャンなどを目指せます。

気になる専攻科の内容と学費とは

美容専門学校は2年制か3年制をとっているところが多く、美容科の他、メイク、ネイル科、ファッション科、エステ科などの専攻科を設定しています。昼だけでなく、夜も開講しているところもあり、通信制の美容科を設けているところもあります。通信制の美容科の場合、通信での勉強だけでなく、スクーリングでの受講が何週間か義務付けられており、その時は校舎まで行って学ぶことになります。学費は学校によって変わりますが、美容師をめざす昼間の専科で280万円~300万円、ヘアメイクやネイル科などで250万ほどが相場です。夜間はもう少し安く、美容科の通信制は70万前後が目安となります。これに入学金などが加わります。また海外研修制度を設けているところが多く、その場合の研修費用は別途支払うことになります。

目指せる資格はこんなにたくさんあります

美容専門学校で学ぶと、美容師の国家試験の受験資格が得られます。その他、専攻によってネイリスト技能検定、ジェルネイル技能検定、アロマテラピー検定、色彩技能パーソナルカラー検定、エステティシャンなどの美に関連した資格が目指せます。例えば美容師として働くときでも、お客様にネイルを施せれば仕事の幅は広がります。関連するそれぞれの美の分野について、資格が取れるほどの知識と技術があれば、本業での仕事に活かすことができるでしょう。取得できる資格の多い学校を選び、進学した後はできるだけ取得を心がけるといいでしょう。なお、厚生労働省から美容師養成施設の指定を受けていない学校の場合、卒業しても美容師国家資格の受験資格は得られませんので学校選びの際は注意しましょう。

他社との違いは、経験豊富な教員による熱心な指導で、全国の中でも、美容師国家試験の高い合格実績を誇っています。 お洒落の最先端を行く恵比寿にございます。 世界に通用する美容師を養成する本校は、国内外を問わず、美容業界に多くの卒業生を送り出してきた実績があります。 美容師免許の取得を基本に美容業界で活躍できるような人材の育成に取り組んでいます。 美容専門学校でプロを目指すならエビスビューティカレッジ