美容専門学校選びで後悔しないための重要なポイント

美容専門学校に進学したいと思っていても、たくさんある中でどこの学校を選べばいいかよくわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。美容専門学校は全国で200校以上存在します。美容師になる専門課程は厚生労働大臣の指定があり、教わる知識や技術に大きな違いはありません。しかしカリキュラムの組み方やイベント、研修や留学などの各種制度や就職サポート体制などは、充実度が学校によって異なり、施設や設備にも差があります。学費も相場はあるものの、学校によって差があります。学校によって方針も違えば、雰囲気もかなり違います。進学すれば2年は学ぶことになります。学校選びは慎重に行い、悔いのない学校生活をおくりたいものです。それでは学校を選ぶ際は何に注意すればいいでしょうか。

大事なのは何が学べるかということ

学校に進学することを決めたら、まずは情報を集めましょう。学校の公式サイトでも基本的な情報は確認できます。気になるところがあったら資料を請求し、よく比較検討しましょう。まずはコースの内容やカリキュラムを確認しましょう。美容専門学校は、多くの場合昼間開講ですが、夜間開講しているところ、美容科の通信制をもうけているとこもあります。夜間コースは社会人で昼間働いている人などが対象となります。美容師になるには、美容専門学校の専門課程を履修して卒業することで国家試験の受験資格が得られ、試験に合格すれば資格を取得できます。この美容師養成の履修内容は学校による大きな違いはありませんが、それ以外にどんな内容を学べるかを確認しておきます。例えばネイルや着付けができると、美容師として働いた場合でも仕事の幅が広がります。またどこの学校も国家試験対策を行っていると思いますが、実際の合格率がどれくらいあるかもチェックしておきたいところです。合格率があまり低いところはやめておきましょう。

学校の雰囲気、そして学費の確認も大事です

就職支援体制が整っているかも重要なポイントです。特に勤務先にこだわりがなく、どんなサロンでも勤められればいいと考えているなら、就職はそれほど難しくないといえますが、やはり就職ガイダンスや求人紹介などの支援体制が整っている学校の方がスムーズに就職活動を進めることができます。進学すれば2年間通うわけですから、学校の雰囲気を知っておくことも大事です。学校によって、熱心な生徒の多いところ、あまり真剣に取り組んでいない生徒ばかりのところなど、生徒の質もさまざまです。一度は学校見学に行き、先生や生徒の様子を必ず見ておきましょう。学費は、美容科の場合で250万から300万が相場です。学校によっては海外研修を取り入れていて、その研修費用は別にかかるということもあります。家庭の事情によって出せる学費にも限りがありますので、保護者に学費を出してもらう場合は、しっかり確認しておきましょう。学校によっては奨学金制度を設けているところもあります。